ミュゼ等サロンでの脱毛前の自己処理

エステティックサロンでvio脱毛・ハイジニーナ脱毛などの施術を受けるには、事前に処理が必要です。

この脱毛の仕組みは、まずアンダーヘアが生える部分にジェルを塗布し、特殊技術で光を当て、毛根の黒い部分に反応させて脱毛させるというものです。そしてこの施術を繰り返すことによって、毛母細胞が再発毛を行う働きを抑制するのです。ちなみに永久脱毛処理と勘違いする向きもありますが、将来的には再発毛します。各業者は2年程度と保証期間をも受けていますが、導入されてからまだ年月が経っておらず、実証的にどれだけの期間発毛が泊まるかは実証的に確認されている訳ではありません。

さて脱毛の施術を行う前に必要な処理とは、アンダーヘアを隈無く剃毛することです。vioの各部位にわたって剃っておかなければなりません。これは施術を受ける人の自己処理とされるのが普通です。脱毛前にこの手入れが必要な理由は、先の施術の技術的な仕組みと関係があります。光を照射して毛根を効果的に検知して照射するには、黒い色に反応させる必要があります。もしアンダーヘアが生えたままであれば、毛根以外に黒い部分が多過ぎて、効率的に毛根を検知することができないのです。

このため事前カウンセリングなどで説明がある通り、施術の前日から3日の間に剃っておくことが必要になります。剃り残しがあると施術が受けられなくなりますので、注意が必要です。

vioの自己処理後のケア

女性にとってvioラインのムダ毛ケアは非常に重要なものとなっています。

特に夏場に水着になったときに、陰毛がビキニからはみ出していては非常に恥ずかしい思いをしてしまうものです。

また愛する男性と愛し合うときに、そのデリケートゾーンを男性の前で露にしなければならず、陰毛が大量に汚く生えていたら女性としての神経を疑われてしまうのです。そのためいざと言うときのためにvioラインを自己処理で綺麗にする人も多いものです。

毛抜きや安全カミソリで処理する人も非常に多いものです。しかしこうした秘部は非常にデリケートな皮膚であり、かぶれや炎症が問題になることが多いのです。そのため自己処理後のアフターケアが非常に重要になってくるのです。

とにかく角質層を優しく保護すし、保湿を充分施すことが大事なのです。保湿が充分であると肌がカサカサになったり、痒みを伴うことはなくなるものです。ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなど保水力の高いべたつかない保湿ジェルなどを用いて優しく丁寧に塗ることが大事なのです。

また入浴時には丹念にぬるま湯で洗うことも大事です。膣などがムダゲ毛がなくなり露になっているので雑菌などが膣に侵入しやすくなっているので、入浴時にしっかり洗うことが大事なのです。

vioの自己処理の注意点

Vライン、Iライン、Oラインのことをまとめてvioと言います。
女性がビキニを着ると隠れる部位のことをまとめたもので、
アンダーヘアの脱毛になります。

水着などを着るときに、vioのムダ毛を自己処理することがありますが、いくつかの注意点があります。

まず、長く伸びている毛をいきなり剃るのは危ないので、
ある程度の長さまでハサミでカットします。
剃る前には、入浴して清潔な状態にしておくといいでしょう。
あたたまることで、お肌がやわらかくなり、カミソリで剃りやすいのと、
雑菌が入るのを防いでくれます。

その後、カミソリやシェーバーで処理していきますが、
肌を傷つけないように、鏡を固定して行うことが大切です。
剃る前には、お肌の保護のために乳液を塗りましょう。
カミソリのすべりもよくなります。
見えやすいVラインはそのままの状態で行えますが、
IラインやOラインは体勢を変える必要があります。

処理が終わったら、保湿をしてお肌をいたわってあげましょう。
赤くなるようなことがあったら、保冷剤などで冷やします。

毛抜きを使って自己処理をしている人もいますが、
デリケートな部位のために、毛を引っ張る行為はよくありません。
抜いた毛穴から菌が入り込んでしまって、炎症を起こすこともあります。

vioのクリームやワックス自己処理

vioはデリケートな部分のため、特に気を使ってムダ毛の処理を行いたい部分です。

カミソリや毛抜き毛処理をしていると肌トラブルに悩まされてしまう場合があります。

肌が赤く荒れてしまったり、傷ができてしまったりなどすれば水着を着こなせなくなってしまいます。このようなトラブルがないためにもvioの自己処理は肌にあまり負担がないものを選ぶようにしましょう。

自己処理の方法としてオススメなのがクリームやワックスでの処理方法です。とっても簡単な方法のため、手軽に処理をすることができます。

クリームをムダ毛を処理したい部分に塗ってしばらく置いてから拭き取るだけです。それだけでムダ毛をきれいに処理することができます。だから肌トラブルも少なくて、肌を傷つけてしまう心配もありません。

今までカミソリや毛抜きでトラブルに悩まされていた方は一度使用してみるべきです。クリームやワックスはドラッグストアなどで手に入れることができます。処理にあまり時間もかからないので手間もかかりません。プールや海に出かける前日に処理をすれば、つるつるな肌を手に入れることができるので、水着から毛が出てしまうこともありません。だからすっきりと水着を着こなせます。

vioの毛抜きでの自己処理は危険?

女性にとってvioラインのムダ毛のお手入れは、必要不可欠なケアと言えるのです。

水着を着るときにはVラインが目立つので、必ず脱毛を行わなければいけません。また男性と愛し合う時にはvioラインが全て丸見えになるので、女性としての神経を疑われないように綺麗に脱毛施術を行う必要があるのです。

しかしデリケートなゾーンなために人に見せるのが嫌で、自己処理で毛抜きを用いてムダ毛を抜いていく人がいるのです。

しかしこうした毛抜きの自己処理は、肌負担が大きく痛みが強烈であり、出血なども伴うのです。また毛抜きを用いた処理は皮膚を隆起させ、凸凹のキメの整わない肌になるのです。ムダ毛が綺麗に処理できても肌質が悪化しては本末転倒というものです。

そのためこうしたデリケートゾーンの脱毛は、プロにお任せするのがよいと言えるのです。

脱毛に特化したエステティックサロンや、病院での医療脱毛であると光脱毛で脱毛するので、レーザー照射後1週間でムダ毛が抜け落ち、痛みもほとんどなく肌トラブルもほとんどなく綺麗に脱毛できるのです。

また施術中にはローションやジェルなど美容効果の高いコラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸入りのものを用いるので、施術後は肌のきめが整うのです。

vioのヒートカッターでの自己処理

ヒートカッターというムダ毛処理アイテムをご存知でしょうか。

ヒートカッターは熱によって毛先を丸くカットすることが出来るので、vioのようなデリケートゾーンのお手入れにはぴったりのアイテムなのです。

vioの自己処理はカミソリなどで行うと、毛先がとがってしまうので、生えてきた時に肌にチクチクささり、痛みやかゆみを起こしてしまい、最終的には肌に炎症を残してしまうような、トラブルになりやすいので、あまりおすすめできません。

vioは肌の質もデリケートなので、ケアも大変です。

特にカミソリの使用は、誤ってしまうと血が出たりしてしまいますが、そうなるとトイレの時も苦労してしまうのではないかと思われます。また、毛抜きなどによる自己処理方法もありますが、太い毛に対して行うと肌への刺激と痛みも強いので、続けられるものではないでしょう。

このような面を考えると、やはりvioにはヒートカッターの使用が断然おすすめだといえるのではないかと思われます。まだ、脱毛に通えない方や、脱毛完了してない方、急な予定で水着などを着なくてはいけない方などにとっては、重宝するアイテムとなるでしょう。価格も高くはないので、このような商品があることを知っておいて損はありません。

vioの電気シェーバーでの自己処理

女性のデリケートゾーンであるvioは、水着などを着る時にはみ出てしまうことがあり、
自己処理をすることがあります。

しかし、カミソリで行うと、肌を傷つけてしまうことがあり、
毛抜きは、抜いた毛穴から雑菌が入り、炎症を起こしてしまいます。

そこで、おすすめなのが電気シェーバーです。

vioを処理するには、まず清潔なお肌の状態である入浴後がいいでしょう。

電気シェーバーを使う前に、ハサミで使ってある程度の長さまで切っておくとスムーズです。
女性向けのムダ毛用のシェーバーも販売されていますが、
男性のヒゲ剃り用のシェーバーは刃の数が多く、きれいに処理することができます。
また、眉毛を整える小さなタイプのシェーバーも細かい部位を処理しやすいです。

強く押し付けて処理しようとすると、お肌の表面の角質までそり落としてしまいます。
シェーバーは力を入れずに、優しく持ちましょう。
Vラインは比較的自分でも見えやすいですが、IラインやOラインは直接見ることができません。
手鏡などを使い、きちんと確認しながら処理しましょう。
処理後は乳液などで保湿をして、お肌にうるおいを与えてあげましょう。
肌が赤くなったり、かゆみがある時は、保冷剤などでひやすと効果的です。

vioの自己処理に最適な方法

vioの自己処理の仕方というと、二通りの意味が考えられます。

一つは昔から行われていた方法です。アンダーヘアが伸びすぎたり下着や水着からはみ出しそうな時には、ハサミや剃刀を使って自己処理をしていました。今でもしている女性は沢山いるはずです。今日の美容脱毛のハイテクメニューであるvio脱毛が生まれる以前はこれが普通でした。またハサミや剃刀を使う代わりにブラジリアンワックスを用いて、アンダーヘアを全部引き剥がす方法もあり、今日でもこのワックスは入手可能で、手軽に行うには良い方法です。ただし少々痛みを伴いますが。

さて二つめは、より今日的意味の自己処理です。vio脱毛やハイジニーナ脱毛と称してエステティックサロンや美容外科で行われる脱毛メニューの施術を受ける際、事前にアンダーヘアを剃毛する必要があるのです。脱毛の施術を受けるのにどうしてこのようなことが必要なのでしょうか。

施術は毛根に光を照射し、黒い部分すなわち毛根を検知して反応させ、脱毛を促すという仕組みです。この時にアンダーヘアが通常通りに存在すると、黒い色を効果的に検出できず、毛根を検知する効率が著しく低下します。そのためvio各部位のヘアは全部剃っておく必要があるのです。もし剃り残しがあったり伸びすぎたりしていたら、施術は受けられません。前日から3日前までの間に剃るよう指示があるはずですので、それに従います。